積読


積読(つんどく)とは、「本は腐らないからOK」「今読まなくても、絶対そのうち読むから」などと自分に言い訳しまくり、気がついたら数百冊単位の読んでいない本を抱えてしまうという現象。
この状態からすべてを消化するのは尋常ではなく、1冊読む間にまた何冊か買ってくるのでさらなる「積読」状態に陥いる、そんな状態の本をこれから少しずつ紹介して行くことにしました。
積読 | コメント(0) | 2011/10/04 20:10
コメント

管理者のみに表示