石鎚登山

石鎚2011.2.26
2011年2月26~27日で石鎚山に登りました。
最後に登山した日から約1年ぶり!
やっぱり山はよかったです。
続きを読む
| コメント(6) | 2011/02/27 19:59

赤いヤッケの男

赤いヤッケの男
赤いヤッケの男
安曇 潤平 著
メディアファクトリー
定価:本体619円(税別)

作者自らの体験や、山仲間、山小屋のオヤジから聞いた、身の毛もよだつ不思議な話。
怖い話もあれば心温まる話もある、山という異界を語った怪談実話集(全26篇)
山で思い出したくない何話かは早く忘れたい。

赤いヤッケの男(文庫D) (MF文庫ダ・ヴィンチ)赤いヤッケの男(文庫D) (MF文庫ダ・ヴィンチ)
(2010/04/21)
安曇潤平

商品詳細を見る
山の本 | コメント(0) | 2011/02/20 09:42

孤高の人 14巻

孤高の人 14巻
孤高の人14巻
坂本 眞一 
週刊:ヤングジャンプ
定価:514円+税

小説版「孤高の人」最後の舞台は北鎌尾根ですが、この漫画では前人未踏のK2東壁!

孤高の人 14 (ヤングジャンプコミックス)孤高の人 14 (ヤングジャンプコミックス)
(2011/02/18)
坂本 眞一

商品詳細を見る
雑誌・漫画 | コメント(0) | 2011/02/19 19:48

第15回植村直己冒険賞

待ちに待った、植村直己冒険賞が本日発表されました。
今回はこの方↓
第15回植村直己冒険賞
<植村直己冒険賞>受賞の栗秋正寿さん アラスカへの挑戦
16日に植村直己冒険賞の受賞が決まった登山家、栗秋正寿さん(38)はアラスカを代表する三つの山に挑み続けてきた。
自ら「アラスカ3部作」と称する挑戦は、最後のハンター(標高4442メートル)を残してまだ完結していないが、選考委員の作家、西木正明さんは「あくなき挑戦は今も続いている。そのチャレンジ精神に賞を与えた」と評価した。

 福岡市出身の栗秋さんは高校から登山を始め、98年3月にはマッキンリー(6194メートル)の冬季単独登頂に世界で4人目、当時史上最年少となる25歳で成功。
07年3月にはフォレイカー(5304メートル)に世界初となる冬季単独登頂を果たした。

03年から5度挑戦し、まだ登頂していないハンターは標高こそ低いが、北極圏に近いため天候の変化が激しく、冬場の登頂はヒマラヤより厳しいとも言われる。
そんなアラスカの山の魅力を栗秋さんは「(マッキンリーなど)世界で最も高い展望台からオーロラが見られる。『好きだから』としか言いようがない」と語る。

 自らルートを切り開きながら往復して荷物を運び、要所に雪洞を作って好機をうかがう「カプセルスタイル」という登山法を取る栗秋さん。今冬は妻が第2子を妊娠中のため登山は「産休中」だが、来冬には6度目のハンター挑戦を計画している。
ひとりごと。 | コメント(0) | 2011/02/16 23:55

冒険家 植村直己の世界

img529.gif iphone_20110212211613.jpg
冒険家 植村直己の世界
企画・制作 tv asahi
税込(3150円)

冒険家植村直己さんの誕生日は、本日2月12日!
マッキンリーから無事下山していれば今年で70歳。
今日Googleのロゴが犬橇に乗った植村さんでした。
植村さんの貴重な映像が69分間詰まったこのDVDは、植村冒険館で購入。

興味のある方は植村冒険館オリジナルグッズでお買い求めください。
DVD | コメント(0) | 2011/02/12 21:34

あるオッサンの休日

[広告] VPS
トイカメラ | コメント(0) | 2011/02/11 20:46

オイル交換


今日はカブのオイル交換、久しぶりだったのでまっ黒でした。
カブ | コメント(0) | 2011/02/06 15:59
 | HOME |