スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

ニッポン放浪宿ガイド200―人生を変える旅、運命を変える宿

ニッポン放浪宿ガイド200―人生を変える旅、運命を変える宿ニッポン放浪宿ガイド200―人生を変える旅、運命を変える宿
(2005/03)
ロフトブックス

商品詳細を見る
田舎に泊まる時はキャンプ場ですが、都会に泊まる時は安宿が便利。
この本には日本各地の安宿が掲載されているので、テントを持たない一人旅の参考にしています。
スポンサーサイト
旅の本 | コメント(0) | 2010/05/31 21:51

ヒマラヤを駆け抜けた男

ヒマラヤを駆け抜けた男
ヒマラヤを駆け抜けた男
佐瀬 稔 著
中公文庫
定価:840円

ヒマラヤビックジャイアンツ8,000メートル峰14座のうち9座を登りながらも極北のマッキンリーに散った最強の山男。
タフでやさしい山田 昇さん、アンナプルナで友を失くし14座完登を決意する。
まっしぐらに走りぬけた短い生涯の物語。
今まで知ったアルピニストの中で一番憧れる。
個人的には佐瀬 稔の最高傑作!

ヒマラヤを駆け抜けた男―山田昇の青春譜 (中公文庫)ヒマラヤを駆け抜けた男―山田昇の青春譜 (中公文庫)
(1997/06)
佐瀬 稔

商品詳細を見る
山の本 | コメント(0) | 2010/05/30 19:16

8000メートルの勇者たち

8000メートルの勇者たち
8000メートルの勇者たち
ヒマラヤ二スト・山田昇とその仲間たちの足跡
八木原圀明 著
定価:1,600円(本体1,553円)

ヒマラヤをめざした群馬岳連、自らを苛酷な世界に投じ、壮絶な戦いに勝利しても何も得られない、
敗れれば自らの生命を奪われる、そんな無償の戦いに挑む8000メートルの勇者たち。
見果てぬ夢を追い続けた山男たちの記録。

8000メートルの勇者たち―ヒマラヤニスト・山田昇とその仲間の足跡8000メートルの勇者たち―ヒマラヤニスト・山田昇とその仲間の足跡
(1990/04)
八木原 圀明

商品詳細を見る
山の本 | コメント(0) | 2010/05/29 10:18

ゾロ目



5年前の自分ならパチンコ屋に直行ですが、今はちがいます。
続きを読む
カブ | コメント(2) | 2010/05/28 22:19

第7回カフェカブ京都

第7回カフェカブ
今回参加したカフェカブ京都、私に投票権はありませんが勝手に選びました。
続きを読む
カブ | コメント(4) | 2010/05/25 21:51

事故報告その2

事故カブ
事故から今日で1週間が経過。
事故後のカブを確認したところ大きな外傷は無く小さな傷ばかりでした。
続きを読む
カブ | コメント(2) | 2010/05/24 19:51

カフェカブ終了


ヤマモトさんに別れを告げ帰宅します。
今回ぽんくろさんを発見出来ず残念。
またみんなで会いましょう。
カブ | コメント(2) | 2010/05/23 12:07

カフェカブ京都


今日は京都までカフェカブを見に行きた。

雨なのに現在164台も参加してます。

そしてヤマモトさんに会い立ち話。
カブ | コメント(0) | 2010/05/23 11:12

事故報告その1

事故報告1
2010年5月17日月曜日
PM7:00頃

優先道路を走行中この交差点で軽四にはねられました。
続きを読む
カブ | コメント(3) | トラックバック(0) | 2010/05/20 22:31

事故

今日カブで事故りました。
短パンにサンダルでサッカーの練習に行く途中、交差点で軽四と接触。
私はジャッキーチェンのように飛び降りたので無傷ですが、カブはドブにまっ逆さま、カブの容体が心配です。



今年の初めにパケシくんから貰ったお守りが無ければ、いまごろ三途の川辺りかも?

みなさんも気おつけましょう。
カブ | コメント(10) | トラックバック(0) | 2010/05/17 21:38

中蒜山オートキャンプ場

中蒜山キャンプ場1

中蒜山オートキャンプ場

住所: 岡山県上房群賀陽町吉川
電話:0867-66-3992(管理人宅)
料金:オートサイト1台1000円、バイクキャンプ300円
休み: 無休
営業時間: インフリー、アウトフリー
交通:米子自動車道蒜山ICから国道482号を八束村へ。
    塩釜の冷泉の看板を左折し県道422号を右折、蒜山ICから10km
環境:高原

2008年10月12日(日)大山登山後に宿泊。
蒜山妖怪スイトンもくつろぐキャンプ場。

続きを読む
宿 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2010/05/15 21:11

タイヤ交換


今日やっとスノータイヤを脱ぎます。
今年は山に逃げられ続け、スノータイヤを履く必要が全くありませんでした。
カブ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/05/15 10:23

VQ1005 14

VQ1005-14.gif
トイカメラ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/05/14 00:27

VQ1005 13

VQ1005-13.gif
トイカメラ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/05/11 21:03

精鋭たちの挽歌

精鋭たちの挽歌
精鋭たちの挽歌 「運命のエベレスト」1983年10月8日
長尾三郎 著
山と渓谷社
定価:1200円(本体1165円)

1983年(昭和58年)イエティ同人、山岳同志会の両隊が同時に、日本で初めてエベレスト無酸素登頂に挑戦した。
先鋭的登山に挑戦した日本最強クライマーの栄光と悲劇。
運命のその日、当時日本登山界を代表する精鋭たちが「死の地帯」で繰り広げた記録。
極限の世界で生と死の凄絶なドラマを展開したあと、それぞれ青春の軌跡を変えていった。

精鋭たちの挽歌―「運命のエベレスト」1983年10月8日精鋭たちの挽歌―「運命のエベレスト」1983年10月8日
(1989/10)
長尾 三郎

商品詳細を見る
山の本 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/05/08 23:31

VQ1005 12

VQ1005-12.gif
トイカメラ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/05/08 19:35

みんな山が大好きだった

みんな山が大好きだった
みんな山が大好きだった(文庫)
山際 淳司(著)
中公文庫BIBLIO
定価:780円

初めて読んだ山岳ノンフィクション、あまりの衝撃に1週間の間に2度読んだ。
山の専門用語などわからない素人が読んでも、この本に登場するアルピニストの凄さが伝わる。
これをきっかけに活字嫌いが読書に目覚めた。

みんな山が大好きだったみんな山が大好きだった
(2003/05/23)
山際 淳司

商品詳細を見る
山の本 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/05/06 18:38

とぼとぼ書店

本屋始めました。

このブログで紹介された本をご購入の際は、ぜひトボトボ書店を!
とぼとぼ書店 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/05/05 13:59

仁淀川紙のこいのぼり




今日高知県いの町波川河原(国道33号線仁淀川橋下)に水中を泳ぐこいのぼりを見てきました。

ひとりごと。 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/05/04 17:17

VQ1005 11

VQ1005-11.gif
トイカメラ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/05/01 21:30
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。